電球ひとつから取付工事まで電気リフォーム専門店

スタッフが
今旬の情報を
分かりやすく紹介

STAFF
COLUMN

  • スタッフコラム

    EVコンセントの必要性①  スタッフコラム

    2021.12.7

    10年後に日本からガソリン車が消える!?

    電気自動車の未来

    昨秋、日本政府は2050年までに温室効果ガスの排出を“全体としてゼロ”にする「脱炭素化社会の実現」を宣言(通称「カーボンニュートラル宣言」)しました。

    さらに今年1月には「2035年までに新車販売で電動車100%にする」と表明。

    現在日本国内を走る自動車の約6割がガソリン車・ディーゼル車といわれていますが、あと10年もすれば、少なくとも新車としてはガソリン車・ディーゼル車を見かけることもなくなりそうです。

     

    となると今後のマイカー購入・買い替えは電気自動車(EV)かハイブリッド車(HV)、または燃料電池自動車(FCV)のいずれかから選ぶことになりますが、ここでさらに注視しておきたいのが海外の動き。

    燃費規制が世界一厳しいとされるヨーロッパで今夏、「2035年までに自動車領域での二酸化炭素排出量を100%削減する」方針が決定。

    これはつまり、内燃機関とモーターを組み合わせたHVも事実上販売禁止になることを意味します。

    さらにFCVは、そのエネルギー効率の低さからメーカーの新車開発が停滞。

    仮にこの流れが日本にも波及すれば、おのずと選択肢はEVに絞られてくるというわけです。

     

    そんな、これからの車社会への期待を一身に背負うEVですが、その魅力は「環境にやさしい」ことだけではありません。

    たとえば、ランニングコスト。ガソリン車で1000km走行するには約1万円の燃料費がかかりますが、EVならせいぜい2000円程度(車種等による)。

    購入補助金や税金優遇のメリットも大きく、ガソリン車に比べ多少車体価格が高くても、長期的なコストパフォーマンスは十分に高いと言えるでしょう。

    また、EVの電気モーターは加速と同時に最大トルクを発生させることが可能なため、ガソリン車に比べ走行性能が優れているのも魅力のひとつ。

    2009年にはわずか2車種だったEVも、今(※2021年8月時点)では乗用車からバンまで20車種以上が登場。今後の普及拡大にむけて各社活発に開発を行っていますから、今後もまだまだ選択肢は広がっていきそうです。

    自宅で充電イメージ写真

    次回の記事ではEVコンセントの必要性②として

    「快適なEVライフは休眠時間の活用がカギ」をご紹介していきます。

     

    岡山・倉敷の電気工事から電気取付工事リフォームまで

    ISO9001認証取得 日南電設までお気軽にご相談くださいこちら

     

     

    ■エアコン取付工事専用ぺージ

    ■電気リフォーム専用ページ

     

    ご相談・お問合せフォーム

電話でのお問い合わせ

0120-557-313

営業時間 9:00-17:00 土・日・祝も休まず営業