電球ひとつから取付工事まで電気リフォーム専門店

スタッフが
今旬の情報を
分かりやすく紹介

STAFF
COLUMN

  • スタッフコラム

    EVコンセントの必要性②  スタッフコラム

    2021.12.14

    快適なEVライフは休眠時間の活用がカギ

    電気自動車と景色

    前回のコラム「EVコンセントの必要性①」では、EVの魅力についてお伝えしましたが、高性能・高コスパなEVにも、もちろん“弱点”はあります。

    ガソリン車ならわずか数分で燃料補給できますが、EVの充電時間は最短でも30〜40分。

    フル充電となると、バッテリー容量によって10~16時間程度必要です。

    また、フル充電(ガソリン満タン)時の航続距離も、ガソリン車の約半分と決して長くありません。

     

    40kWhのバッテリーを搭載する新型日産リーフの航続可能距離は最長約400km(公表値)、実質約240kmといわれていますから、倉敷市を起点とすると、西は山口、東は奈良くらいまで。近年は大容量バッテリーの搭載によって航続距離を大幅に伸ばしている車種も出てきてはいますが、ガソリン車に慣れたドライバーにとってはまだまだ大きな不安要素となっているのも事実です。

     

    ただし、県内での通勤や近所への買い物、子どもの送り迎えなど、生活圏での日常利用がメインとなれば話は別です。

    例えば一日往復30km程度の走行距離なら週5日で150km。

    フル充電1回で1週間分を十分に賄うことができます。

    お買い物

    さらに言えば、一日24時間ずっと外出ということはないでしょうから、帰宅から翌日の外出までの数時間はいわば車の休眠時間。

    帰宅と同時に“プラグイン”する習慣さえ身に着けば、常にフル充電状態でドライブできるわけです。

    そこで欠かせないのが、自宅敷地内のEV専用コンセント。

     

    一部、一般的な家庭用コンセントと同じ100Vで充電可能な車種もありますが、

    現状のEV市場は200V対応が主流。

    充電時間もより高圧な200Vの方が格段に速いため、将来EVを購入する予定なら、

    早めに設置工事を行っておくのがおすすめです。

    設置費用は環境条件や仕様によってさまざまですが、おおよその相場は10万円前後。

    もちろん、『日南電設』でもご希望や予算に応じたご提案を行っています。

    まずはお気軽にご相談くださいね。

     

    【日南電設 取付・電気工事費】

    EVコンセントタイプ工事料金(3kw)は30,000円~(税抜)
    ※電気工事・取付工事費込みの価格です
    コンセントなどの商品は含みません。
    6kwも対応可能です。日南電設では工事保証1年付き
    
    ISO9001認証取得 
    日南電設までお気軽にご相談くださいこちら

    倉敷・岡山エリアで電気自動車(EV)・プラグインハイブリット自動車(PHEV)のエコカー(環境対応車)をご家庭で充電をご検討中の方はぜひお問い合わせ下さい。

    有資格者のプロが丁寧な出張見積・工事致します。

     

    ご相談・お問合せフォーム

     

電話でのお問い合わせ

0120-557-313

営業時間 9:00-17:00 土・日・祝も休まず営業