電球ひとつから取付工事まで電気リフォーム専門店

スタッフが
今旬の情報を
分かりやすく紹介

STAFF
COLUMN

  • スタッフコラム

    エアコン①コラム スタッフコラム

    2022.05.30

    エネルギーコスト高騰の今こそ!”EV購入の好機”と言えるワケ

     

    前回は電気代値上がりについてご紹介しましたが、電気代と同じく、場合によってはそれ以上に家計に重くのしかかっているのが「ガソリン代」です。

    ガソリン値上げ困る男性イラスト

    5月30日現在、レギュラーガソリンの全国平均価格は164円/L。2年前の同時期129円と比べると、満タン1回あたりの負担増は、軽自動車・コンパクトカーで1000~2000円、一般乗用車で2000~3000円。脱炭素化社会の実現に向けた世界的な取り組みも加速する中、本格的に電気自動車(EV)への切り替え時を検討しはじめたドライバーも多いのではないでしょうか。

     

    昨年12月の「EVコンセントの必要性」でもご紹介した通り、EVの魅力は大きくふたつ。温室効果ガスを排出しないことと、燃料コストが抑えやすいこと。確かに、ガソリン車に比べると車体価格が100~150万円程度割高になるのは悩ましいのですが、そのハードルを大きく引き下げてくれるのが、国から支給される「CEV(クリーンエネルギー自動車)補助金」。

    しかも2022年度は昨年度に比べ2倍以上の“高額支給”となっており、車種・グレードによって最大85万円、今年度新設された「高度な安全運転支援技術」の対象車両なら、その額は最大95万円(同)にも。

     

    また近年は、民間の自動車保険会社でもHV・EVを対象とした保険料割引サービスも続々登場。購入費・燃料費・保険料の三位一体でEVの優位性を活用すれば、環境保全に寄与しつつ、ガソリン車よりむしろおトクにカーライフを満喫することもできるのです。

     

    それでもまだコスト増の不安がぬぐえないなら、ぜひ自宅にEVコンセントを。最近は街中のEV受電スポットも増えてはきましたが、家庭の電気代に比べて割高なうえ、別途「登録手数料」や「月会費」が求められることも少なくありません。

    一方、家庭に充電設備を設けておけば設置費用以外の経費が一切かからず、在宅中に格安な夜間電気料金(電力会社との契約内容による)で充電できるので、コストだけでなく充電時間のロスも抑えることが出来るのです。

    加えて、前回コラムでご紹介した太陽光発電システム&家庭用蓄電池を活用すれば、もはや家計簿から「自動車燃料コスト」の項目も消えてしまうかもしれません。

     

     

    電気リフォーム – コンセント・ブレーカー

    ISO9001認証取得 

    日南電設では住まいのリフォームキッチン・洗面所・お風呂・窓・内装・外構工事も幅広く対応しています。

    現在の状況から要望をお聞きしてお客様により暮らし環境をご提案させて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。

     

    倉敷・岡山エリアで

    住まいのリフォーム工事・取付工事リフォームなど

    ご検討中の方はぜひ日南電設へお問い合わせ下さい。→お問合せフォーム

    有資格者のプロが丁寧な出張見積・工事まで致します。

     

電話でのお問い合わせ

0120-557-313

営業時間 9:00-17:00 土・日・祝も休まず営業