電球ひとつから取付工事まで電気リフォーム専門店

スタッフが
今旬の情報を
分かりやすく紹介

STAFF
COLUMN

  • スタッフコラム

    照明器具のLED化②コラム スタッフコラム

    2022.07.5

    発光メカニズムから読み解く、LEDの優位性

    前回コラム「照明器具のLED化① 侮れない! 照明器具の“数のコスト”」では、照明器具の“意外な”消費電力についてお伝えしました。

     

    もちろん、そんな照明器具の節電・節約にはLED化が有用であることを、既に多くの方がご存知のはずです。では一体なぜ、白熱灯や蛍光灯よりLEDの消費電力が少なくて済むのでしょうか。その理由は「発光メカニズム」に隠されています。

     

    白熱灯はフィラメントと呼ばれる金属製の糸を“高温にする”ことで、蛍光灯は水銀を含む希ガスを”熱し”ガラス管内に紫外線を拡散させることで発光します。一方LEDは、電流を流した際にプラスとマイナスが衝突するエネルギーを利用して発光し、白熱灯や蛍光灯のように“熱”が媒介しません。そのため熱のためのエネルギー損失が極めて少なく、電気をより効率的に光に変換することができるのです。電力効率に換算すると、白熱灯の約5倍、蛍光灯の2~3倍。この変換効率の差が、同等の明るさを維持するための消費電力量、ひいては電気代に直結します。

     

    ★10畳用の蛍光灯(消費電力80W)を一日6時間稼働させた場合の消費電力量

    0.08(kW)×6(時間)=0.48(kW)

    ➡消費電力80Wの蛍光灯を一日6時間、365日稼働させた場合の年間電気代

    0.08(kW)×6(時間)×365(日)×17(円)≒2,978(円)

     

    ★10畳用のLED照明(消費電力35W)を一日6時間稼働させた場合の消費電力量

    0.035(kW)×6(時間)=0.21(kW)

    ➡消費電力35WのLED照明を一日6時間、365日稼働させた場合の年間電気代

    0.035(kW)×6(時間)×365(日)×17(円)≒1,303(円)

     

    ※電力量料金1kwh あたり17円と仮定して計算

     

     

    LED化の節約効果はそれだけではありません。

     

    先述の通り、白熱灯や蛍光灯は電気エネルギーを光エネルギーに変える際に熱エネルギーを発生させます。そしてその熱は、照明を点灯するたびに部品を消耗・劣化させ、やがて「玉切れ」を引き起こします。一方、熱をほとんど介在しないLED電球は部品の劣化が極めて緩やか。そのため耐用年数は、蛍光灯の3~7倍、白熱灯の十数倍にもなるといわれ、その分、買い替えのコスト・手間を抑えることができるのです。

     

    確かに、半導体を搭載したLEDは白熱灯や蛍光灯に比べ製品価格が高く、平均して1000~1500円程度割高になります。照明を消耗品と考えれば、その価格差は必ずしも小さいとは言えないでしょう。けれど、上記のように耐用年数が3倍を超え、年間電気代が1500円以上抑えられることを考慮すれば、一年で十分元が取れる範囲。総合的に見てどちらがよりお得かは一目瞭然です。照明器具のLED化、「一考の価値あり」と言えるのではないでしょうか。

     

    ISO9001認証取得 日南電設

    倉敷・岡山エリアで

    住まいのリフォーム工事・取付電気工事リフォームなど

    ご検討中の方はぜひ日南電設へお問い合わせ下さい。→お問合せフォーム

    有資格者のプロが丁寧な出張見積・工事まで致します。

    家庭用蓄電池・太陽光発電システム設置・V2Hなど無料相談受付中!

     

    お問い合わせ・無料相談フォーム

電話でのお問い合わせ

0120-557-313

営業時間 9:00-17:00 土・日・祝も休まず営業